銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 ruri

ゆったり楽しみたいスーパー銭湯

ゆったり楽しみたいスーパー銭湯

金額以上の至福が得られる
スーパー銭湯の魅力は何と言っても安いところです。
安いところでは500円、土日で750円など、高くても1000円以内でお風呂を楽しむことができます。1000円以内で気分転換できるところとは意外に少ないです。
映画や食事、カラオケも一人でも気分転換できますが、意外にすぐ1000円くらい超えてしまいます。
しかも、銭湯なら一人でも人の目が気になることもなく、他の人を誘うことが難しい状態でも一人でも簡単に行くことができます。
豊富なお風呂の種類
スーパー銭湯の最も大きな魅力は、お風呂の種類です。
ジェット風呂、炭酸泉、漢方や入浴剤やその日の日替わり風呂など、複数の種類のお風呂が違った大きさで楽しむことができます。
そして、露天風呂があるところもあり、外で夜空を見ながらお風呂に入るのもなかなか良いです。
自宅でお風呂に入ろうとすると、単なるお湯や出来ても入浴剤のお風呂です。
またスーパー銭湯ではさまざまなお風呂を楽しむことができて、たくさんの汗をかいてダイエットができます。また、お風呂の中にはサウナも併設していることもあり、水風呂と入ったら相乗効果です。
一日中楽しめる
スーパー銭湯には、岩盤浴、食事ができるレストランや、マッサージ店、マンガが読めるスペースなどたくさんの施設が併設しているところがあります。
施設を利用するには別料金の場合もありますが、これらの施設を使用した前後でもお風呂に入ることができますので、何度もお風呂に入ることができます。
そして、施設によっては、何度も利用しやすいような浴衣などが完備してあるところがあり、リラックスもしやすく脱ぎ着もしやすくなります。
せっかくお金を来ているのですから、一日中楽しめるのもよいですね。
本当の温泉に入れるところがある
都会にあるスーパー銭湯は、人工的に作った温泉でそれでも気持ちよいのですが、中には温泉街の中に在ったり、本当に源泉がひいてある浴場もあります。
たとえば温泉宿に宿泊するなら1万くらいかかってしまうものですが、コストがかからないで本場の温泉に入ることができます。
また、スーパー銭湯によっては、毎日本当の温泉を直送してお風呂に入れているところもありますので、本場の温泉を都会で楽しむこともできます。
空いている時間に利用する
お風呂に実際に行ってみるとやはり夕食前後の時間が混んでいます。
穴場としては昼過ぎや少し夜遅くなった寝る前です。昼過ぎなら混雑はあまりしていないことも多いので、ゆっくりゆったりしています。大きなお風呂はその良さを満喫したいものです。
また、寝る前の遅い時間はそのまま家に帰ったら寝ることになります。全身暖まり眠りに入りやすく、ぐっすり眠ることができます。
混雑しているとお風呂も窮屈な思いをして入ったり、ロッカーやドライヤーに空きがないこともあります。
ゆっくりしたいなら、穴場な時間がおすすめです。

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方