銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 かほり

銭湯の入り方にマナーってありますか?

銭湯の入り方にマナーってありますか?

銭湯と言うのは、とても広々とした空間で心も体もリフレッシュすることができるありがたい場所です。
ペンキ絵を眺めゆっくりと湯船につかる時間は幸せなひと時と言えます。

そんな銭湯も、利用者のマナーがなっていなければ、気持ち良さが台無しです。
よく利用する人でなければ、こうしたマナーに対する意識がうすれがちになりますので、しっかりと覚えておくことが大切です。

例えば、浴室に入り、体を洗わずに湯船につかったら、他のお客さんは気持ちの良いものではありません。

においや汚れが完全に落ちるまで洗う、とまでは言いませんが、かかり湯をしてから入るようにした方が良いでしょう。
銭湯に限りませんが、マナーの基本はこの「周りの人を不快な気持ちにさせない」というものです。

銭湯で言うと、他には泳ぐような身勝手な行動も慎むべきです。
大人がそうしないのはもちろんのこと、一緒に来た子供がそういった行動をとらないようにすることも大切です。

あと、湯船にタオルをいれてはいけません。
また、集団で利用してやたらと足を広げてつかったり、出入口近くで座り込んだりすることも好ましい行動ではありません。

その他にも、シャンプーがついたままや余計な物を持って湯船につかるのも避けた方が良いでしょう。
きれいな湯船をきれいに使う、というシンプルなことを守る意識が大切です。

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方