銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 はじめ

街の発展とともに移り変わるお風呂屋さん

私が幼いころは、週に1度、祖母に銭湯に連れて行ってもらっていました。

家から歩いていける距離の銭湯で、家からタオルを持参し、番台で受付をし、
お風呂上りにはコーヒー牛乳を買ってもらっていました。

私はその日が毎回とても楽しみで、最初は祖母が迎えに来てくれて出かけていましたが、
だんだんと自分から祖母を迎えに行くようになるくらい好きになりました。

近所の人たちが集まっている安心感、大きなお風呂の気持ちよさ、そしてお風呂上がりのコーヒー牛乳!

私は銭湯が本当に大好きで、この先も当たり前のように通い続けるものだと思っていました。

しかし、私が大学生になって地元を離れ、長期休暇で実家に帰ったとき、その銭湯はもうなくなっていました。

番台のおばあちゃんに会いに行こうとしましたが、お亡くなりになったとのこと。

そして、その銭湯だった場所の近くには、大型のスーパー銭湯が出来ていました。

私は早速そのスーパー銭湯に行ってみましたが、
タオルの貸し出しがあり、コーヒー牛乳だけではなく色々なものが売っていて、
ゲームセンターやレストランもありました。
中のお風呂も何種類もあって、岩盤浴なんてものもありました。


すっかり変わってしまったお風呂屋さんの形。


もちろんまだまだ私が幼いころにあったような銭湯はあると思いますが、数は少なくなってきているはず。

現在のスーパー銭湯も便利でとても良いものですが、
私が祖母と行き、番台のおばあちゃんとお喋りをし、
ちょっと狭いお風呂に浸かって近所の人とお話をする・・・

そんな昔ながらのお風呂屋さんも、たまには行ってみたいものです。

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方