銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 サウナ大好き

休日にぎわう仙台市泉区の憩いのスーパー銭湯

仙台市泉区にあるスーパー銭湯竜泉寺の湯 仙台泉店。
我が家から割と近いところにあるので何度か足を運んだことがあります。

仙台市はあまり温泉には恵まれていない土地ですが、
それでも2000メートルも掘削して温泉を作ったというのはすごいものです。

4号線という仙台の幹線道路からすぐ行けてしまう利便の良さもあり、休日は多くの家族連れで賑わっています。

料金は大人600円・子供300円。
朝早くいけば割安になるようです。
また、厳密に言えばスーパー銭湯であると同時に温泉でもあるので、入湯税がかかります。

この入湯税が料金に含まれていると思いきや、券売機で70円を別途払うというもの。

露天風呂にある温泉に入る人のみ入湯税を払うのが建前のようですが、
券売機にも小さく表記されている程度で本気で徴収する気はないようです。

スーパー銭湯ということだけあり施設は充実しています。

まずは売りでもある浴室中央の炭酸風呂。
人工的に炭酸を加えることで血行を良くし、健康にしてしまうという謳い文句が浴室内の大きな看板に掲げられております。

入ってみると、浴槽の端から炭酸の泡が放出されてはじけています。
その場所にピンポイントで陣取り数分も浸かっていると全身が泡だらけになり、確かに効能がありそうです。

しかし、この炭酸泉はとても塩素くさい。
まるでプ-ルのようです。

様々な温泉やスーパー銭湯に行きましたが、ここの炭酸泉が間違いなく一番塩素臭い。

好き嫌いは分かれるかもしれませんが、私はあまり好きにはなれそうにありません。

一番混む風呂でもあり20人以上は同時に入れる広さがありますが、
それでもタイミングが悪ければ入れない時があります。

その他、電気風呂、ジェットバス、サウナ2種、水風呂、シルク風呂、座り湯、寝湯、釜風呂と
様々な種類の浴槽がありますが、個人的には不感の湯がおすすめ。

これは体温に近い36度前後のお湯にゆったりと浸かることで気分を鎮めてリフレッシュするもの、
とありましたが確かにこれは気持ちがいいです。
熱くもなく温くもなく、浸かっているうちに心地よい脱力感に包まれ20分程入っておりました。


さて、肝心の温泉ですが、岩づくりの露天風呂のみ温泉が含まれているようです。

温泉と言っても加水、循環ありのもので塩素の臭いもしますが、
それでも内風呂に比べれば全くの別物です。

もともとのお湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉という泉質で高張性中性温泉というものに区別されます。

高張性、ということはつまり水で薄める前は1リットル当たり9g以上の温泉成分が含まれており、 温泉としてはなかなか濃い部類になります。

水で薄められて循環消毒されているとはいえ、ちょっとなめてみると確かに海水っぽい味がし、
確かな温泉であることがわかります。
炭酸泉などよりもよっぽど自然な温泉です。

本当に健康になりたいなら炭酸泉よりこちらがおすすめ。
少々熱めに感じられる方もいるかもしれませんが、半身浴でゆったりと浸かれる浅めの風呂もあり、
また大型テレビもありますのでゆっくり入ることができる温泉なのではないかと思います。

風呂以外には、食事施設やアカスリ、マッサージ、ゲームセンター、無料の休憩所があり、
スーパー銭湯としては可もなく不可もなくと言った施設があります。
休憩スペースは大広間に40~50人ほどは休めるでしょうか。
こちらにもテレビがあり、何時間いようと自由です。

仙台市にはほかにもいくつかスーパー銭湯がありますが、
個人的にはここが一番おすすめできるスーパー銭湯だと思います。

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方