銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 UT

お風呂でリンパマッサージ

お風呂でリンパマッサージ

身体が温まって代謝が上がり、脂肪も燃えやすく老廃物も流れやすくなる入浴。
疲労回復をしながら、太りにくい体質をつくれる入浴には、浸かるだけでも健康増進効果があるのですが、そこにリンパマッサージを取り入れると、更に効果がアップします。

老廃物を流し排出する通り道であるリンパ節は、脇の下と足の付け根に位置しています。
ここに向けてリンパの流れを促すことで、老廃物がスムーズに排出されていきます。
このリンパが上手に流れていないと、女性に多い悩みであるむくみを引き起こします。むくみがなければ、足はもっと細いはずなんです。
その上、うまく排出されない老廃物は、恐ろしいことに、脂肪と結びついてしまいます。
リンパをきちんと流すことが、身体の内側からきれいになり、太りにくい体質をつくっていく近道なのです。

足の付け根に流す
足の付け根にあるリンパ節には、足とお腹のリンパを流していきましょう。
右足の裏と左の掌を合わせるような感じで、足の指の間に手の指を入れて、足首を回します。後ろから足首を持ち、ふくらはぎからひざの裏に向かってもみ上げます。
指でひざの裏を押し、数秒間押したままキープして離してを繰り返し、よくもみほぐしましょう。
続いて、両手で太ももを持ち、ひざから足の付け根に向かって、下から上へともみ上げていきます。

次はお腹ですが、みぞおちから下腹部に向かって、何度かなで下ろします。
ウエストをひねるようにして両手で片方の脇腹を持ちます。余分なお肉をつかむようにして、後ろから前へと流していきましょう。
お腹は腸の流れに沿って時計回りになでていきます。

最後に、腰骨の上に指を当てて、腰骨に沿って足の付け根までなで下ろしてください。
脇の下に流す
脇の下のリンパ節に流すのは、顔からデコルテと、腕のリンパです。
腕は手から脇の下に向かってもんでいきます。片方の手でもう一方の手首をつかみます。手首からひじへ向かい、二の腕から脇の下へと流していきましょう。
二の腕が気になる人は、二の腕をよくもんでいくとよいでしょう。

次にデコルテは、あごの下から鎖骨までなで下ろしていきます。
鎖骨の下を、内側から脇の下に向かって流していき、指を使ってしっかりともんでいきます。
顔のマッサージについては、あごから耳、鼻の横から耳、おでこから耳というように、耳の後ろに流すことを意識するとよいです。
ただし、顔の皮膚はデリケートなので、そのままマッサージするのは避け、クリームやマッサージオイルなどを使ったほうがよいでしょう。
こんな方法も
長風呂は得意ではない方は、お風呂の中で足をブルブルと震わせてみましょう。お腹は手で支えて震わせます。これだけでも、温まって代謝がアップしますよ。
身体を洗う時はリンパの流れを意識し、足先手先からリンパ節に向かって、お腹は円を描くように、リンパを流す気持ちで洗ってみましょう。
お風呂上りにローションやクリームをなじませるときにも、リンパの流れに沿ってなじませるとよいですね。

座りっぱなしの仕事で足のむくみがつらい方には、入浴マッサージがおすすめです。
シャワーで済ませることが多い人も、たまにはゆっくり浴槽に浸かる時間をつくれるとよいですね。

音楽を聴きながら、歌を歌いながら、一日を振り返りながら、リラックスと一緒に身体をほぐしましょう。

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方