銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 cywg

冷え性って入浴で本当に改善できるの?

冷え性って銭湯で本当に改善できるの?

女性に多い冷え性は、手足が冷たい不快な症状だけでなく、健康に与える悪影響もあります。
お風呂に入って体を温めると冷え性が治るといわれていますが、効果は本当のところどうなのでしょうか。
入浴効果について検証してみましょう。

体を温めるメリット

入浴をすると体温が上がります。すると血管が拡張されて血液の流れがスムーズになるのです。
冷え性の特徴は血液のめぐりが悪いことが原因なので、入浴をすると冷え性解消になるのは本当です。
しかし一度だけでは完全に治すことは無理なので、毎日続けて体温を上げるような工夫をしないといけませんね。寒い冬はお湯だけでなく、入浴剤を使うとさらに血行改善にも効果がありますよ。

また入浴中は発汗作用が高くなるので、体内の老廃物がでやすくなっています。
温泉でのんびりするとリラックス効果もあり、翌日肌がつるつるになりますよね。
入浴は健康維持にもとても大切、シャワーだけでは冷え解消はできないので、湯船にゆっくり浸かりましょう。

体をマッサージする

入浴中は血液の流れがスムーズになっているので、軽く刺激を与えるとさらに冷え性改善にも効果があります。
体温が上がると血管が柔軟になるので、血行はとても良い状態。

そこで冷え性の気になる部位をマッサージしてみましょう。
足、手などの末端は血液が十分に届かない場合もありますので、入浴中に血行改善することが目的の一つ。

ゆっくり体を温めると副交感神経が優位になりますので、ぐっすり眠れる効果もあります。

冬は布団に入ってもつま先が冷たくてなかなか寝付けないことがありますよね。
冷え性は睡眠不足を招く要因にもなりますので、そんな悩みも入浴で改善できる可能性があるのです。
お風呂の中でふくらはぎやつま先をマッサージして、体温を上げる習慣をつけましょう。

冷え性解消の入浴方法について

入浴もなんとなくでは冷え性改善にあまり効果がありません。
そこで意識したいのがお湯の温度。夜お風呂に入る時は40度以下に設定すると良いでしょう。すこしぬるく感じる程度のお湯の方がリラックス効果が高く、長時間浸かっていられるので血行改善もさらにアップします。

朝は逆に少し温度を高くして41度~42度ぐらいがオススメ。
すっきり目を覚ます為に交感神経を活発にしましょう。また冷え性の方は入浴後にも注意。

湯冷めするとせっかく温まった体温も下がってしまいます。
これを防ぐにはすぐに洋服を着ること。
特に下半身は知らない間に急速に冷えてしまいますので、女性の方は注意してくださいね。

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方