銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 折原

自宅でお手軽安価! 炭酸風呂を試してみました。

自宅でお手軽安価! 炭酸風呂を試してみました。
シュワシュワ気持ちいい

様々な美容効果が挙げられている「炭酸」。飲むだけでなく、洗顔やヘッドスパなど多様な場面で活用されていますよね。

そんな炭酸はもちろん入浴剤にしても効果ばっちり。
今回はシュワシュワ感が心地いい、炭酸風呂を試してみました。

炭酸風呂とは

炭酸風呂とは、炭酸を使った入浴のことです。
「炭酸をお風呂に入れるの? なんだかお金かかりそう」……そう思った方もいるかもしれませんが、ご安心を。
炭酸風呂は、スーパーやドラッグストアなどで売られているある2つのものを使うだけで、お得に、しかも簡単に楽しむことができるんです。

その2つとは「重曹」と「クエン酸」です。
やり方は以下の通り。

・35度~38度のお湯をためる
・重曹大さじ3を入れる
・クエン酸大さじ2を入れる

以上です。とても簡単ですよね。重曹とクエン酸の組み合わせは、掃除などでご存知の方も多いでしょう。

まぁやり方に関しては調べてみると重曹とクエン酸の量だったり入れる順番だったりがばらけていて、諸説ある感じだったのですが平均すると上記の通りです。

注意点としては「お湯の温度」と「重曹・クエン酸のグレード」です。
お湯の温度が高すぎると炭酸が抜けやすくなってしまうので40度以上は厳禁。さらに肌に触れるものなので、重曹とクエン酸は食品または医療用を使ってください。100均などに売られている掃除用は避けた方が無難です。

また、気泡はクエン酸を入れた途端にします。そのため、投入したらすぐに入浴できるよう準備を整えておくことも大切です。
重曹とクエン酸の量は増えるのに従って炭酸も高濃度になりますので、好みに合わせて調節するとよさそうですね。ただ高濃度すぎると肌が乾燥に傾きやすくなるので、この辺りも注意しておいた方が良いでしょう。

そして炭酸が発生した後なのですが、こちらも諸説あります。
「クエン酸を入れて気泡が発生した時が炭酸のピークなので、このときにつかっておくべき」説と「気泡が発生し終わった後の方がお湯の中にまんべんなく炭酸ガスが溶けているのでつかっておくべき」説です。どちらが正しいのでしょうか……。

炭酸風呂の効果は?

気になる効果はこんなところ。

・炭酸のタンパク質吸着効果……老廃物の除去
・血流を促進……代謝アップ

その他冷え性や毛穴汚れなどにも効果があるそうです。

実践

さっそく試してみました。
使ったのは右から重曹大さじ3、クエン酸大さじ2です。

自宅でお手軽安価! 炭酸風呂を試してみました。

クエン酸を入れるとすぐに気泡が発生するということで、もう入浴しながら入れてしまいました。

① 重曹を入れる
一瞬お湯が白く濁りましたが、すぐに透明に戻ります。

② クエン酸を入れる
入れたそばからシュワシュワ……と気泡が発生します。……が、クエン酸を入れ終わると比較的すぐに落ち着いてしまいました。
身体を見てみると肌に細かい泡がくっついています。動くと気泡が剥がれる感覚があり、なんだかこそばゆい……。

炭酸が肌に触れる感覚ですが、まったく刺激は感じません。どちらかというとくすぐったいくらいです。もっと肌にジュワ~っとくる感じを想像していたのですが……。
今回は「気泡が発生し終わった後の方がお湯の中にまんべんなく炭酸ガスが溶けているのでつかっておくべき」説を信じつかっておきました。が、これといった変化は感じませんでした。

まとめ

シュワシュワ感覚が面白かったです。ただ1回目だからでしょうか。シュワシュワして気持ちいい、面白い以上の効果は感じられませんでした。まぁ、血行がよくなったとか代謝があがったとか、そういうのって実感できるものでもないのかもしれませんね。

気泡が発生し終わってから顔をつけてみたのですが、若干毛穴の黒ずみが小さくなったかも……? という気はしましたが、気のせいかもしれません。

なんにせよ、重曹とクエン酸で簡単に楽しめるというのは嬉しいですね。

手軽に楽しめる炭酸風呂、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで銭湯を検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら