銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 折原

美肌成分たっぷり!お米のとぎ汁風呂を試してみました

美肌成分たっぷり!お米のとぎ汁風呂を試してみました
若干しっとり?

白く肌理の整った肌。憧れますよね。
そんな美しい肌が、普通に生活していたら出る、しかもいつもなら捨ててしまっているもので、お金をかけず手に入ったとしたら素敵ですよね。

今回は、そんな願いを叶える(?)お米のとぎ汁風呂を試してみました。

お米のとぎ汁風呂とは?

とぎ汁は、お米を研いだ時にでる白濁した水のこと。
お米のとぎ汁風呂とは、その名の通りお米のとぎ汁を入れたお風呂のことです。浴槽全てをとぎ汁で埋める必要はなく、普通にお湯を張った浴槽にとぎ汁を入れればOK。

やり方は以下の通り。
・お米を研ぐ
・2回目以降のとぎ汁を浴槽に入れる(※1回目のとぎ汁はほこりなどを含むため捨てる)
以上。

お米のとぎ汁には
・セラミド
・ビタミンB1
・ビタミンC
・ビタミンE
・ミネラル
・脂質
などの成分が含まれています。

結果……
・肌の代謝アップ
・保湿
・美白
などの効果が期待できるのです。

昔は洗顔にも使われていたほど、豊富な美肌成分を含むことを知られていたとぎ汁。今でも洗顔に使う方法が知られており、顔にいいのだから体にもいい、ということで入浴に使う方法もあるそう。

情報元により方法はまちまちで、「単にとぎ汁を入れる」だったり「何ml入れる」だったり「1回~3回目のとぎ汁を入れる」だったりします。
今回はとぎ汁を使った洗顔法を調べていたら出てきた「1回目のとぎ汁はほこりなどの汚れが……」という情報をもとに、2回目以降のとぎ汁を使いました。また、何回か水を変えた際のとぎ汁も全て取っておいて浴槽にINしました。

やってみた

お風呂が白く濁る
当たり前ですね。とぎ汁を入れたことで白く濁ります……が、若干灰色っぽくも見える。
自宅の浴槽はステンレスなのですが、多分このせいかなと思います。ステンレス自身の色が白く濁ったお湯に反映された結果、灰色っぽく見えるのかも。
大理石など、浴槽自体が白いお宅などでは、おそらく真っ白に見えるのではないでしょうか。

無臭、肌触りも変化なし
匂いはありません。
またお湯自体もとろみを感じるなどの変化はありません。

若干、肌がしっとり?
肌への効果ですが、若干しっとりしているかな~という感じがしました。美白効果は継続しないとわかりませんね。

2日目は要注意
とぎ汁風呂を張ったまま一夜を明かしてしまったのですが、次の日のお風呂はちょっと注意が必要でした。
白く濁っているのはそのまま、ただ底の方にとぎ汁の”ヌカ”成分が沈殿して、ヌルリと滑るんです。家族が少なく、浴槽の掃除は2日に1回などの方は、足を滑らせないよう注意してください。

まとめ

お湯の肌触りなどに変化は感じられないものの、白く濁るという目に見える変化があるのは面白かったですね。1回では代謝アップや美白などの効果は実感できませんでした……当然といえば当然ですが。

普段なら捨ててしまうもので美肌を目指せるというのは嬉しいですね。
毎日出るものなので、継続して肌の変化を観察してみたいと思います。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで銭湯を検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら