銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 Zoe

銭湯で極楽気分♪

銭湯で極楽気分♪

私は銭湯が大好きでほぼ毎週末に行きつけの銭湯に行っている。何が良いかって、やっぱり大きな風呂にゆったり浸かれるのはとっても気持ちが良い。
家のお風呂で良いじゃん!って人も騙されたと思って一度トライして頂きたい。昔よくテレビなんかでお湯に浸かったおじいちゃんが、あ〜。極楽。極楽。なんて言ってた、まさにあの感じが銭湯にあります。


銭湯では私は少し熱めの風呂に浸かるのが好きで肩まで浸かって少し熱くなって来たなという所で、すかさず水風呂のコースが最高だ。
サウナのあとの、水風呂は欠かせない。むしろ水風呂に入るために銭湯に通っていると言っても過言ではない。その位水風呂は重要である。

私にとっての愛すべき水風呂であるが、銭湯に通い始めたばかりの頃は水風呂に入る事が出来なかった。銭湯には温まりに来ているのに、よくもまあ、こんな冷たい風呂に入りたいと思う人がいるものだと思っていたし、さらさら入る気もなかった。

水風呂にはまったきっかけは、私の行きつけの銭湯には何種類かの風呂があって、ローテーションで1〜2時間位は風呂を楽しんでいたが、風呂に入りっぱなしだと上気せる。熱い。途中休憩で体を洗ってみたり、水を飲んでみたりはするが、また風呂に入るとすぐに上気せる。熱い。熱い。
そんな中で少しだけ水風呂に浸かってみようかな?いやいや浸かるのは無理。でも足と顔だけならいけるか。そう思って入った水風呂は思いの外冷たくてやっぱり無理。また風呂に入り直しである。

そんなこんなを繰り返していた私ではあったが、少しずつ水風呂にも慣れていくもので、足先から膝上、少しずつ腰まで。ええい!思い切ってお腹まで!ここまで来たら胸まで行っちゃえ!!おお!肩まで行けるぞ!!という具合に今では肩まですっぽり浸かっている。
水風呂最高!なんでこんなに気持ちの良いものを最初から試さなかったんだろう。勇気を持って挑めよ!自分!!というわけ。
今では銭湯=水風呂という位、水風呂を愛しております。


そんな私の銭湯の入り方でありますが、まず最初に体をお湯で流し軽く洗う。これは銭湯のマナーであるので絶対!!そして少し熱めの湯に肩まですっぽり浸かる。ゆっくりじんわりと体が温まるのを感じる。

そして少し温まった所で水風呂。この早い段階での水風呂は少々体にこたえるので、ゆっくりゆっくり。無理は禁物。からのサウナ!!
サウナも無理は禁物。苦しい。もう無理っっ!!の一歩手前で出て、シャワーを挟んでからの水風呂。このシャワー(お湯で汗を流すって事)も大事なマナー。

そしてひたすらにお湯→水風呂→サウナ→水風呂→ちょっと休憩(水も飲んだり!水ちょこちょこ飲まないとサウナで汗出ないし危ないからねっ)→お湯→軽くマッサージ風呂→水風呂の繰り返しで2時間が過ぎる。
風呂上がりには体がふわふわして軽くなるけど、これだけやるとやっぱり疲れる。夜はもちろんぐっすり眠れる。愛すべき銭湯。


私は開店と同時に行く銭湯が一番好きだ。昼間に入る露天風呂は何とも気持ちが良いし!まだ汗の染みていないサウナも気持ちが良い!何より空いているっっっ!!!!!(私の行きつけの所はね。)
脱衣所の足拭きマットも、まだ濡れていない!サイコー!!一番風呂ってサイコー!!
いい湯だな〜!!サイコー!!となります。

行きつけの銭湯となると自分のペースで入りたい。ペースを乱されると心底不快な気持ちになる。自分の小ささを思い知るが、大事な事である。週に一度の愛すべき銭湯なのだから。

例えば、サウナから上がって水風呂に入ろうとしたら、まさかの水風呂が混み合っている時。なんで!?このタイミングなわけ??むむむ。
水風呂からのちょっと休憩(顔でも洗おうかな)と洗い場に行くと、まさかの激混み。風呂椅子も売り切れ状態。。。ちーん。。こうならない為にも空いている時間を狙って行きたいよ〜!銭湯!!

最後に、銭湯を愛する私。やっぱり一番大事なのはマナー。みんなが気持ちよく入れるように、周りの人の迷惑になるような事はやめましょう。
いくら水風呂が大好きだからと言っても頭のてっぺんまで潜っちゃダメね。次に入る人、入る気失せます。
混み合ってるサウナの中でゴロリンと寝っ転がるのもダメ。サウナで座れないとけっこうしんどい。
洗い場では隣の人にシャワーがかからないように気を使ってあげて。泡立ての途中だったら泡がどっか行っちゃうよ。
それに、隣のおばちゃんがちょっと怖い人だったりすると、「お姉ちゃん!こっちに水かかってんだけどっ」なんて言われて、「あっ。すいません。。」→気まずい。。→銭湯って怖い→帰りたい→もう行かない。。なんてダメ!!絶対!!違う違う!!銭湯サイコーなのにっ!!

つまり、、マナーを守らないとサイコーな銭湯がもう行きたくない。になっちゃいます。
そこだけ気をつけて!!レッツ!チャレンジ!!銭湯!!!

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで銭湯を検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら