銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 さとみ

お風呂に入って生じる良いことって?知っておきたいお風呂の知識

お風呂に入って生じる良いことって?知っておきたいお風呂の知識

皆さん、お風呂…湯船には浸かっていますか?忙しい時や暑い日にはついついシャワーでサササッと済ませてしまいがちですよね?
ですがそんな時こそお湯に浸かって頂きたいです。
なぜでしょうか?これからお湯に浸かることがどんな効果をもたらすのかをご紹介します!

入浴することによって生じる作用と効果

湯船に浸かることによってもたらされる良い作用があります。作用には3つ種類がありますので1つ1つ説明したいと思います。

温熱作用
体温より高い温度のお湯に浸かると当然体は温まりますよね?
体が温まると皮膚の毛細血管が広がることによって血流がよくなります。すると新陳代謝が高まるために老廃物や疲労物質などが汗と共に取り除かれて、疲労回復・コリがなくなるという効果が期待でき自律神経もコントロールしてくれます。

水圧作用
先ほど温熱作用で「血流がよくなる」と言いましたが、温めるだけではなく水圧も血流をよくする要因の一つと言えます。
水面からの深さにもよりますが湯船に浸かるとウエストが水圧で3~6cm細くなるのだとか。(もちろん水中のみ)

そんな強烈な水圧は「静水圧」と呼ばれていてマッサージと同じ効果があるのだとか。この水圧によって手足にたまっていた血液が押し戻されて心臓が活発になるために血流もよくなりリンパの流れもよくなります。

浮力作用
小学生のころ、プールに入って力を抜くと体がプカプカ浮きましたよね。
それが浮力作用です。実はお風呂でも浮力作用ってきちんと働いているのに気づきましたか?
この浮力によって普段しっかりと体重を支えている筋肉や骨、そして関節の負担が軽減されて体や脳が休むためにリラックス状態になります。

このように3つの作用が働き心・体・脳が休息しリラックスできるというわけですね。

得たい効果別の入浴法がある!?

ではただ自分の好きな温度のお湯に好きなだけ浸かればいいのか?というとそうではありません。効果別におすすめの入浴法を調べてみました。

忙しくて体がだるく、シャキッとしたいときには?
忙しい方に実践してほしいのがこの方法です。
41~42℃くらいの熱めのお湯を沸かし、サッと10分程度で入浴を済ませます。
※心臓疾患がある方はNG

イライラしてストレスがあるときには?
イライラしたりストレスを強く感じたりしている時には39~40℃くらいのお湯に20~30分程ゆっくりと浸かります。
副交感神経を優位にさせ、ストレスやイライラを落ち着かせます。

ぐっすりと眠りたいときには?
眠りたいのに満足いくほど眠れないという方は38~39℃くらいのぬるいお湯に20~30分ほどゆっくり浸かってください。
寝る2時間位前を狙うとより良いですよ。


いかがでしたでしょうか?
入浴時には汗をかくため、コップ一杯の水を必ず飲んでくださいね。
あなたにとってベストな入浴法が見つかりますように。

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方