銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 s6500

鶴橋の延羽の湯へ行ってきました

朝晩冷えるようになり、よりお風呂が恋しい季節がやってまいりました。大阪のディープな街鶴橋のスーパー銭湯、延羽の湯で羽をのばしてきました(*^^)v

できた最初の1年は連日、人が押し寄せ昼夜かまわず混んでいて、当時は入場制限で人が店の前まで並んでいたとか。私も受付までの行列に並んだ記憶があります。
数年経った今も土日はもちろん平日も結構人がいます。この日も平日の夜でしたがたくさん人が来ていました。

朝晩冷えるようになり、よりお風呂が恋しい季節がやってまいりました。
このような、高級感ある旅館のような入り口を入ると靴を脱いで100円ロッカーへ入れます。(帰りは出てきた100円の取り忘れ注意です。)
お風呂は850円。
受付で靴ロッカーのカギを渡して脱衣ロッカーのカギをもらいます。腕に巻くやつです。
フェイスタオル一枚は無料で貸してくれますが、バスタオルは有料なので私は家から持っていきました。

鶴橋の延羽の湯
持ち物

バスタオル
ゴシゴシタオル(ボディタオル)
ヘアブラシ
ハブラシ
着替え
クレンジング、化粧水などのスキンケア
ボディクリーム

岩盤浴をする場合はもう一枚フェイスタオルを持っていきます。(首巻き用)

岩盤浴

お風呂とは別に1.050円で薬石汗蒸房が利用できます。
受付で茶色の作務衣的なものを貸してもらえます。

★岩盤浴用とお風呂用でバスタオルとフェイスタオルを一枚ずつ貸してもらえますが、バスタオルは二枚まで無料なので最初に「もう一枚下さい」と言ってもらっておくと途中で取りに行かなくていいので楽です。

色んな部屋があって暑さも明るさもそれぞれ、自由に読めるマンガや雑誌が置いてあり自分のイヤホンで音楽を聴いている人もいます(^^♪(←高温で壊れないのか心配)

今回はお風呂だけだったんですが、以前行ったときは小学生くらいの子供たちも沢山いて畳の部屋でマンガを読んでいました。
壁に二段ベッドのように上に登れる部屋があって寝ている人、友達同士やカップルでおしゃべりしたり自由で楽しいです。

鶴橋の延羽の湯のロウリュウ

ロウリュウの時間になると放送がかかってひとつの大きな部屋にワラワラと人が集まってきます。
あっつい石に水をかけ大きなうちわであおいでくれるやつです。結構迫力ありました!
休憩場所もあって、冷えたきゅうりの浅漬けやラムネなどが売っています。

お会計は腕につけたバーコードでピッ。
ご自由にどうぞの塩やカリカリ梅もありました(*’▽’)
時間制限がないのでいつまででもいれそうです。

お風呂

室内に熱めのお風呂、日替わりのお風呂などがあり外に大きな天然温泉の露天風呂があります(*´ω`*)
写真はHPから拝借。壺湯の奥にある岩風呂が温泉です。
ぬるめなので長いことつかれます。

鶴橋の延羽の湯の露天風呂
サウナ

露天風呂の隣にサウナが二つあります。
あっっついサウナと塩サウナです。あっっついサウナでもロウリュウをやっているようです。
私は暑いのが苦手なので塩サウナで体中をスリスリしてすべすべに(^^♪
アカスリの部屋もあって、予約すればもっとツルすべになれるようです。

鶴橋の延羽の湯のサウナ
リラクゼーション

受付のある1階に畳の部屋があってごろ寝できます。どこのスーパー銭湯にもある訳じゃないんですよ!意外と。
長風呂の女性を待っている男性たち、眠くなっちゃった子供がゴロンとできるスペースです。
その横に二種類のマッサージ屋さんが並んでいます。散髪屋さんもあります。

グルメ

カウンターでドリンクやソフトクリームを買って食べるスペースの他に居酒屋さんの様な料理屋があります。
ここでおうどんを食べたことがありますがまぁまぁ美味しかったです。

でも!ここへ来たらついでに行ってほしいのが「茶母(タモ)カフェ」。
延羽の湯から徒歩5分。

「茶母(タモ)カフェ

スンドゥブ専門店としてオープンした韓国料理屋さんなんですが、ここのハッピンス(韓国風かき氷)が絶品なんです!
人気出すぎて鶴橋別館もできたくらい。
上に乗っているお餅がまた甘くておいしいんです~( *´艸`)

韓国風かき氷

以上、お風呂屋さんレポートでした( ^^)

延羽の湯

大阪府羽曳野市広瀬186-3
072-950-1126
駒ヶ谷駅(1410m) 喜志駅(1530m)
ホームページ(外部サイト)
  • 営業時間:10:00~25:00
  • 定休日:年中無休(メンテナンス休あり)
  • サウナ
  • 露天風呂
  • 駐車場
  • 深夜営業(22時後)
  • ホームページ

口コミ4件

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方