なぜ大阪には温泉と名前のつく銭湯が多いのだろう

なぜ大阪には温泉と名前のつく銭湯が多いのだろう

大阪の一般銭湯の名前を見ると、温泉とつく名がとても多い。
しかしそれらの多くの銭湯は、天然温泉ではない…。

なぜ、温泉という名前をつけるのだろうか?

その理由は、大阪の銭湯はもともと、温泉地の湯の花を温泉より取り寄せて、使っていたからだ。
それを理解して、お客さんも銭湯に通っている。

他の地域で同様の事を行えば、不当表示でクレームがつきそうであるが、それだけ大阪の人は、おおらかなのだろう。

社・日本銭湯文化協会理事・町田忍 著 「銭湯の謎」より

銭湯の謎

派手な造りの唐破風とは?

職人芸の見せどころ、懸魚

銭湯のペンキ絵と富士山の関係

銭湯で縁起をかつぐペンキ絵

銭湯のペンキ絵の完成は、神業

日々、減少するペンキ絵のある銭湯

湯上りの至福、銭湯の坪庭

男湯・女湯の境にある穴を知ってる?

これだけ大変。銭湯の一日の仕事

銭湯の入浴料金の決め方

調べてみたら、ヘンテコがいっぱい。銭湯名のあれこれ

あなたは熱湯派? それともぬるまゆ派?

銭湯のマイナスイオンで、心地よく

銭湯と内風呂、清潔なのは果たしてどちら?

湯上りのお楽しみ。銭湯の飲み物

いざ、実施。銭湯コーヒー牛乳道

お風呂に入ると、なぜあんなに気持ちがいいのだろう

スーパー銭湯って、一体何?

東京にも意外に多い、温泉銭湯

神社仏閣つくりの東京型銭湯

東京型銭湯の天井は、なぜ高い?

なぜ大阪には温泉と名前のつく銭湯が多いのだろう

ケロリン桶のサイズが大阪と東京では違う?

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方