東京にも意外に多い、温泉銭湯

mystery01

東京にも温泉の出る銭湯が意外とたくさんある。だから、わざわざ温泉地へ足を運ばなくても、浴場料金で天然温泉が体験できるのだから、これを利用しない手はない。

東京の温泉銭湯の多くは、黒湯と呼ばれるコーラ色のお湯だ。初めて入浴する人は、この色に驚くらしい。
この色の正体は太古の時代の植物が変化したヨード分、泥炭や海底の泥、火山灰などが地下水に溶け出したものだという。


温泉の定義は、法で定められた成分(イオウ、重炭酸ソーダなど)を一定の濃度以上含むもの、温度が25度以上のものとされていたが、現在ではこの温度以下でも成分がみたされていれば、温泉として認められるようになった。

この黒湯は、肌がツルツルになるという特徴がある。これはこの湯に含まれるフミン酸という有機分が、肌に皮膜を作り熱の発散を抑制する保温効果が作用しているからだ。
そして、おもしろいことにこの黒湯は、都内から神奈川県に行くほど色が濃くなっているという事実もある。

また、この黒湯をもつ銭湯が、京浜急行沿線に集中しているのは、どうやら京浜工業地帯を開発した際、地下水を確保しようとして発見されたためだともいわれている。

東京の温泉銭湯は、珍しく貴重な存在なのである。

社・日本銭湯文化協会理事・町田忍 著 「銭湯の謎」より

銭湯の謎

派手な造りの唐破風とは?

職人芸の見せどころ、懸魚

銭湯のペンキ絵と富士山の関係

銭湯で縁起をかつぐペンキ絵

銭湯のペンキ絵の完成は、神業

日々、減少するペンキ絵のある銭湯

湯上りの至福、銭湯の坪庭

男湯・女湯の境にある穴を知ってる?

これだけ大変。銭湯の一日の仕事

銭湯の入浴料金の決め方

調べてみたら、ヘンテコがいっぱい。銭湯名のあれこれ

あなたは熱湯派? それともぬるまゆ派?

銭湯のマイナスイオンで、心地よく

銭湯と内風呂、清潔なのは果たしてどちら?

湯上りのお楽しみ。銭湯の飲み物

いざ、実施。銭湯コーヒー牛乳道

お風呂に入ると、なぜあんなに気持ちがいいのだろう

スーパー銭湯って、一体何?

東京にも意外に多い、温泉銭湯

神社仏閣つくりの東京型銭湯

東京型銭湯の天井は、なぜ高い?

なぜ大阪には温泉と名前のつく銭湯が多いのだろう

ケロリン桶のサイズが大阪と東京では違う?

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方