神社仏閣つくりの東京型銭湯

神社仏閣つくりの東京型銭湯

東京にはお寺や神社のような造りをしている銭湯が多くある。
屋根は「千鳥破風」といい、大きな三角形をしている。その下の入り口には、そりかえったゆるいカーブの「唐破風」が設えてある。これが東京型の定番。

この様式が東京の銭湯に取り入れられた時期は大正末期から昭和初期の頃といわれている。

当時、宮大工の技術をもっていた津村亨右さん(故人)は、関東大震災の復興期に初めて、墨田区の銭湯を手がげた。

その際に、多くのお客さんを呼べるようにと、自分が持っている宮大工の技術を生かし、玄関入口に唐破風を設け、脱衣所は開放感をもたせるために高い格天井、浴室も大きな湯気抜きの構造を設えるなど、さまざまな工夫をこらした。

もちろんそんな様式の銭湯はどこを探してもないわけで、開店早々たちまち話題を呼び、またたく間に東京中の評判になった。

折しも震災復興期で、新しい銭湯が建ち始めた時期とも重なり、それ以降、建てる銭湯の多くが、宮造り様式となっていった。
都内に現存するこのころ建てられた銭湯が、ことのほか豪華である理由は、それぞれの銭湯が競って建物に趣向を凝らしたから。その結果、東京を中心とした関東地方まで、当時は銭湯の定番様式として宮造りは広まり、昭和40年代までその人気は絶えなかった。

しかし、昨今の急激な都市開発の結果、これら宮造りの銭湯はめっきり少なくなってしまい、非常に残念である。
ちなみに、震災前の銭湯の様式は、一般の町屋造り風で、いたって単純なものであった。

社・日本銭湯文化協会理事・町田忍 著 「銭湯の謎」より

銭湯の謎

派手な造りの唐破風とは?

職人芸の見せどころ、懸魚

銭湯のペンキ絵と富士山の関係

銭湯で縁起をかつぐペンキ絵

銭湯のペンキ絵の完成は、神業

日々、減少するペンキ絵のある銭湯

湯上りの至福、銭湯の坪庭

男湯・女湯の境にある穴を知ってる?

これだけ大変。銭湯の一日の仕事

銭湯の入浴料金の決め方

調べてみたら、ヘンテコがいっぱい。銭湯名のあれこれ

あなたは熱湯派? それともぬるまゆ派?

銭湯のマイナスイオンで、心地よく

銭湯と内風呂、清潔なのは果たしてどちら?

湯上りのお楽しみ。銭湯の飲み物

いざ、実施。銭湯コーヒー牛乳道

お風呂に入ると、なぜあんなに気持ちがいいのだろう

スーパー銭湯って、一体何?

東京にも意外に多い、温泉銭湯

神社仏閣つくりの東京型銭湯

東京型銭湯の天井は、なぜ高い?

なぜ大阪には温泉と名前のつく銭湯が多いのだろう

ケロリン桶のサイズが大阪と東京では違う?

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方