銭湯Quest > 銭湯に関する記事・ブログ

 折原

疲労回復に最適? 温冷交代浴を試してみました

疲労回復に最適? 温冷交代浴を試してみました
だんだん冷水が気持ちよく……

今や単に汚れを落とすだけの時間ではなくなった「入浴」。今やスタンダードになった半身浴を始め、世の中には様々な効果を謳った様々な入浴が存在します。
そんな中から今回は疲労回復効果に優れると言われる「温冷交代浴」を試してみました。

温冷交代浴とは?

温冷交代浴とは別名交代浴とも呼ばれ、簡単に言うと「お湯につかり→水を浴びる」というのを繰り返す入浴法のことです。前回試した反復浴の激しい版といった感じですね。
詳しいやり方に関してなのですが、これはかなり各所で揺れがあります。お湯の温度は41~42度だの43度だの、つかるのは1分だの3分だの、冷水シャワーは1分だの30秒だの、繰り返すのは6回だの11回だの……。取りあえず、今回私が試した方法としては以下の通りです。

① コップ一杯の水を取る
② 湯船を42度に設定
③ 3分つかる
④ 10秒~30秒冷水シャワーを浴びる
⑤ ③~④を7回ほど繰り返す
⑥ 最後は冷水シャワーで終わる

前述した通りサイトにより書いてあることがまちまちだったのですが、
湯船とシャワーの温度差は30度
最後は水で終わる
という2点は共通しているようでした。また前回の反復浴では事前の予想に反し寒い思いをしてしまったので、今回は上記2点だけはおさえ「何分」には強くこだわらずに行いました。

気になる効果ですが

血管の収縮により血流がよくなる……疲労回復、美肌、冷え性改善
代謝アップ……ダイエット
自律神経の整調……etc.

などが挙げられます。

嬉しい効果いっぱいの温冷交代浴ですが、注意点もあります。お湯と水を交互に……という方法からもなんとなく想像できますが、体への負担は決して小さくありません。そのため心臓や循環器系に疾患のある方や、重度の炎症箇所をお持ちの方はこの入浴法は控えた方が良いそうです。
また負担が大きいこともあり、入浴は半身浴などでもいいそうです。

試してみた

さっそく試してみました。

最初の入浴(3分)
例によって足りません。もっと入っていたい……と思いつつまぁ最初なので3分で出ます。

冷水シャワー(10秒~30秒)
「これはキツそう」と思ったのですが、体の内側に熱が残っている感じで案外平気でした。この入浴法、体や頭を洗うタイミングがわからないので、このシャワー後に頭を洗いました。

2回目の入浴
やっぱもう少しつかりたい……ということで少しだけ長めにつかりました。

2回目の冷水シャワー
やはり最初のシャワー同様、体の内側に熱が残っている感じがあるので耐えられます。

……こんな感じで繰り返していきました。
繰り返していくと冷たいシャワーを浴びているにもかかわらず、体には熱の方が蓄積されていくのかだんだんと温まっていきます。冷水シャワーよりも入浴時間の方が長いからでしょうか。

温:湯船につかるときの変化

シャワー後には湯船につかるわけですが、感覚的には「外から帰ってきて体の芯まで冷えた状態で熱いお湯につかる」あのじんわりくる感じに近いです。これも繰り返していくと体の芯は暖かいけど表面の肌は冷たく、でも今つかっているお湯は暖かい……という、暖かいのと冷たいのとでサンドされているような感じになります。

冷:シャワーを浴びたときの変化

そしてシャワーを浴びたときの感覚が「まぁ耐えられる→別に平気→ちょっと気持ちい→もっと浴びたい」と変化していきます。冷たいことには冷たいんですけど、芯に熱が残っているので表面の冷たさが気にならない、むしろ気持ちよく感じるんです。そしてシャワーを止めると内側から熱がじわ~と復活してくるのを感じます。

試す前は「最後を冷水で締めるってなぁ……」と不安だったのですが、実際にやってみるとまったく平気でした。

まとめ

芯に熱が残っているせいか、冷水は肌表面が冷たくなるだけで案外平気
シャワーを止めた際とその後の入浴は体がじんわりする
段々シャワーが気持ちよくなる
温まるわりに汗はかかない

身体にじんわりくる感じや、冷水を浴びたにもかかわらず内側から熱が生まれてくる感じは新鮮で面白かったです。

ただ、負担が大きい入浴法というだけあって入浴後は結構ぐったりきて、体がボーっとしました。
そして疲労回復効果があるということなのですが、これ多分筋肉とかその辺の疲労を指すのでしょうね。つまり体力仕事やジムでの疲れには効くんだと思いますが、オフィスワークでの疲れについてはちょっと畑違いかなと。むしろ疲れる感じかもしれません。

あと今回時間については結構ゆるく行ったのですが、きっちり時間通りにやったらかなり慌ただしいですよね。そして頭や体を洗うタイミングがわかりません。もしかしたら頭や体を洗った後にやる入浴法だったのかも……。

ともあれ、色々と新鮮な感覚が味わえる入浴法でした。
次はたっぷり運動をした日に試してみたいと思います。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで銭湯を検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方

銭湯やスーパー銭湯に関する記事・ブログ

銭湯に関する記事や、浴場施設を実際に利用した体験談、施設の特長や歴史など、銭湯やスーパー銭湯についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら